30日間英会話速習プログラム【Final English】の内容について(7) | 30日間英会話速習プログラム【Final English】~英語の学習方法~

30日間英会話速習プログラム【Final English】の内容について(7)

30日間英会話速習プログラム【Final English】+英文フレーズ速習DVDセット

30日間英会話速習プログラム【Final English】+英文フレーズ速習DVDセット
 
 
30日間英会話速習プログラム【Final English】+英文フレーズ速習DVDセット

英語が話せるということはどういうことでしょう?

それは、英語で聞いたものを英語で理解し、英語で反応して言葉に出せるようになることです。

でも、それって難しいのでは・・・
いろいろ頭を使って覚えなければいけないし・・・

と思いますよね。

でも、思い出してください。

あなたが子供の頃、日本語を一生懸命頭を使って覚えましたか?

日本語の単語を気合を入れて覚えようとしましたか?

ご両親や周りの家族が使っている言葉を一生懸命にその音を真似してそこに意味づけをしてもらっていったはずです。

そして、その時によく耳にした日本語のフレーズを理解して、同じように声を使って再生できるようになったから日本語がしゃべれるようになったわけです。

ということはつまり、

・音でフレーズを覚える
・無意識で口ずさめるまで繰り返し声に出す
・音を真似できるようになってから意味づけをする
・はじめは文法は意識しない

ということなのです。

ということは、これを英語に当てはめれば良いのです。

・音でフレーズを覚える
・無意識で口ずさめるまで繰り返し声に出す
・音を真似できるようになってから意味づけをする
・はじめは文法は意識しない

この口ずさめる英文フレーズが増えていけば増えていくほどあなたの英会話の表現力が向上していくのです。

実は英会話の練習というのは非常に「シンプル」なのです。

難しくて長い英文をスラスラ言える必要はありません。

英語を話す= 英語を難しい表現を使って長く話すというイメージがありますが、日常会話では、難しい英語を使う必要はありません。

中学英語で習った内容で十分です。

そこに、英語特有の発声、発音をしっかりと練習してきた土台があればいくらでも上達していけるのです。

つまり、よく使う英文フレーズを口ずさめるまで「口で」覚えてしまえば良いのです。

そして、その数を順々に増やしていけば良いのです。

この英文フレーズ速習DVDでは、ネイティブ講師3人が力を合わせてネイティブが良く使う英文フレーズを厳選したものを練習できるようにしました。

日本人が考えた英文フレーズではなく、ネイティブが普段の生活でよく使うフレーズ、中でも絶対に身に付けておきたい初心者向けの英文フレーズまとめました。

そして、こちらは単に英文フレーズを覚えるだけでなく、英語特有のリズム感も養えるように工夫されて作られています。

●英語特有のリズムが同時にトレーニングできる

日本語と英語はリズムが違います。
日本語の場合は「表打ち」
英語の場合は「裏打ち」です。

例えば日本語と英語の歌の入り方をみてもらえるとわかると思います。

日本語の歌は最初の音を強く発音します。

英語の歌は例外を除いて、最初の音は強く発音しません。

その後に強く発音する部分があり、また弱く発音し、強く・・・とリズムを形成していきます。

実際にCDなどで聞き比べてみてください。

ただ、日本人にとってはこの裏打ちリズムに慣れていません。

その為、英語を話す時にどうしても、言葉が平坦だったり、強弱の付け方がわからず変な発音になってしまうのです。

そこで、このトレーニングでは、英文フレーズとともに【リズム感】も養えるようにしました。

英語のリズムである【裏打ち 8ビート】の曲に乗せて英文フレーズを練習していくことで知らず知らずのうちに英語特有のリズム感も養われていくのです。

まさに、このトレーニング法は、実践重視、ゴールから逆算して作成されたトレーニング法なのです。

●DVD収録時間・43分
 
 
>>FinalEnglish公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 30日間英会話速習プログラム【Final English】~英語の学習方法~

30日間英会話速習プログラム【Final English】~英語の学習方法~ TOP » 30日間英会話速習プログラム【Final English】内容 » 30日間英会話速習プログラム【Final English】の内容について(7)